>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ダイエットには誘惑が多いそれを断ち切らずにやせる秘訣



ダイエット1番の難題は誘惑を断ち切ることでしょう。


運動も食事制限も、たとえば1回や2回で終わるなら
頑張れるかもしっれないですよね。


それを「何度も継続しなくてはならない」「本当に痩せるのかどうかわからない」
「リバウンドの可能性もある」と頑張った以上の我慢が多くなると
途中で挫折してしまうんじゃないでしょうか。


ダイエットで何よりも重要なこと


ダイエットを始めるにあたり、我慢する期間が短くてすむ
“痩せやすい体”になることは重要です。
そのために必要となるのが、基礎代謝量です。


酵素の働きとは?


酵素で痩せやすくなるとは聞いたことがあっても
具体的に何が良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。


もともと酵素には、食べ過ぎると体に無駄な養分を
溜め込まないように消化する働きがありますが、
年齢を重ねるごとに減少。


消化しきれなかったものを消化するために
それまで代謝に使われていた酵素が充てがわれ
今度は代謝するための酵素が不足します。


こうやって体はどんどん酵素不足に。
酵素が足りない分だけ痩せにくい体質になり
その結果食べた分だけ脂肪になってしまいます。



簡単なダイエットの法則


「食べる量が増えていないのに太る」「昔と比べて体重が落ちにくくなった」としたら、
酵素不足が原因かもしれません。


春になって自分を変えたいと思う人も多いと思います。
重たい冬服を脱ぎ捨てて誰もがウキウキする時期だからこそ
スリムな自信に満ちた自分で新しい恋に花を咲かせるのも良いかもしれませんね。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/04/20 22:15

女性は基礎代謝をあげるといい あなたの平熱は?


日本人の平均体温はだいたい36.89℃(プラスマイナス0.34℃)と
一般的に知られている体温よりも高めとされていました。


これは50年以上前に計測されたデータで
現在は平均36.2℃になっているとい言われます。


日本人の体温が年々低下してきています。
欧米人の平均は36.9~37℃とされ
今の日本人よりも0.7℃ほど高め。


体温と基礎代謝量は密接な関係で
基礎代謝は筋肉量が高いほど上昇します



つまり、筋肉が多い人ほど基礎代謝量が多く
それに比例して体温が高くなるみたいだ。
欧米人の体温の平均が高めなのも
骨格や筋肉量の違いではないかと考えらています。


また、体温が低くなった原因としては、
食生活の変化によるビタミン・ミネラル摂取量の低下
冷暖房完備の環境による体温調整機能の低下

などが考えられます。


現代日本での生活環境が
体温低下の大きな要因となっている。


さらに、体温が一度下がると免疫力が30%低下すると言う説があります。
女性に多い低体温症は、免疫力が低下し
感染症・病気・アレルギーにかかりやすいなどの弊害があるようだ。


しかしその一方で、寿命が長いサルやネズミには
「体温が低い」という特徴が見られたみたいで
同じ哺乳類でも違うんですね。


一説によると哺乳類の生涯代謝量は体重に比例して定量で
そのため基礎代謝が高いとDNAの老化が進んでしまうという説もある。


欧米人と比較して、日本人の寿命が長いのも
体温と基礎代謝が関わっているのかもしれないです。


低体温だと病気になりやすい弊害がある一方で
寿命が延びるという側面もあり、高体温はその逆。


どちらも、メリットとデメリットがあるようですが
果たしてどちらがよいのだろう。
健康 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/03/24 22:49

下半身痩せする為には何をすればいいのか?間違ったダイエット




「頑張ってダイエットしているのに下半身がどうしても痩せない!」とか
「ダイエットしたらバストだけ痩せてしまった!」とよく耳にします。
どうして下半身は痩せにくいのでしょうか?


下半身が痩せにくい理由と
下半身痩せする方法について
紹介します。

下半身が痩せにくい理由

下半身は、心臓から遠いため、血行が悪くなりやすいところなのです。
血行が悪くなると冷えやすくなるだけでなく
リンパの流れも悪くなって老廃物の排出が滞り
セルライトやむくみの原因になってしまいます。


下半身についた脂肪は、食べ過ぎではなく
代謝の悪さが原因で老廃物が溜まり
太ってしまっていることが多いのです!

下半身痩せするには?

(1)むくみをとる むくみを取るだけでも
随分と見た目が変わります。
むくみの予防には、塩分を多く摂りすぎないこと
アルコールを摂りすぎないことが大切です。


体内の水分バランスは、カリウムとナトリウムが司っていますから
ミネラルの多い海藻や野菜を積極的に食べましょう。


(2)血行促進 血行が悪いと冷えやすくなります。
とくに内臓が冷えていると代謝が悪くなり
食べた物をエネルギーとして消費することができません。
冷たい飲み物や食べ物を避け
温かい物を食べるように心がけましょう。


(3)基礎代謝UP 基礎代謝は筋肉量で決まります。
炭水化物や野菜ばかり食べていては筋肉が減ってしまい
基礎代謝もダウンします。


しっかりと筋肉のついた代謝の良い身体作りには
良質のタンパク質が欠かせません。
鶏のササミや豚ヒレ肉、牛のもも肉など
脂の少ない肉や、魚をしっかり食べましょう。

下半身痩せにおススメの食べ物

(1)薬味たっぷり納豆 ネギや生姜
大葉といった香味野菜は、身体を温める効果があります。
身体が温まれば自然と血行も良くなり、代謝UPに効果的。


納豆は、良質なタンパク質なだけでなく
女性に欠かせない大豆イソフラボンも豊富ですから
毎日でも食べるのがいいです!


(2)野菜&海藻スープ 野菜や海藻に含まれるミネラルは
むくみの改善に効果大。食物繊維も豊富ですか
腸内環境も整え、ポッコリお腹の改善にも!


ただし、塩味の付け過ぎには注意しないといけません。
ゴマやスダチなどの薬味を加えれば
塩分控えめでも満足できます。


(3)リンゴキムチ リンゴには
オリゴ糖が含まれています。
オリゴ糖は善玉菌のエサとなるため
キムチに含まれる善玉菌を増やす働きがあります。


さらに、キムチに含まれるカプサイシンは
腸のぜん動運動を刺激する効果があり
善玉菌とダブルで便秘の解消に役立ちます。


また、カプサイシンは、アドレナリンの分泌を促し
エネルギー代謝を活発にして血行を促進させる効果があり
下半身痩せには効果大!


最後に一言


キュッと引き締まったヒップやスラリと伸びた足は
女性なら誰でも憧れます。


下半身痩せには代謝をUPさせることが大切ですから
カロリーだけを制限するダイエットは逆効果。
代謝をUPさせるためにはタンパク質と身体を温める物を
しっかり食べることが大切です。


ビタミン・ミネラルを取りむくみも解消して
キレイな下半身を手に入れましょう!
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/02/28 22:27

猫背は代謝の敵、少しの時間でも出来る猫背対策筋トレ




仕事で長時間パソコンの画面を眺めていたり、
下を向いて携帯電話を操作していると、
猫背の習慣がついてしまいます。


猫背は身体の中の血液循環を滞らせ、
呼吸も浅くしてしまうため、
基礎代謝をさげることにもなります。
そこで今回は、猫背を改善して深い呼吸を
しやすくするストレッチ。


Step1:爪先を立てて正座をする



Step2:手を身体の後ろについて大きく胸を反らす



Step3:肩甲骨を寄せるイメージをしながら、深い呼吸を3回行う



ふだんの姿勢が猫背になっていると、
肩甲骨を寄せて胸を開く体勢が不自然に
感じるかもしれませんね。


慣れてくれば呼吸が楽にできるようになるので、
時間をかけて身体を開く練習をしてみてください。


同じ姿勢を続けたり緊張した場面になったりすると
呼吸は浅くなりがちです。
深い呼吸ができれば副交感神経が働き
気持ちもリラックスできます。


仕事中は緊張した状態が続きがちです。
身体が緊張していると
知らない間に浅い呼吸になっていることもあります。


仕事のパフォーマンスを上げるためにも
頭に酸素を送ることは重要です。
トイレに行った時など
胸を開いて深呼吸する癖をつけてみるのもいいですよ。


全身の血液の流れが悪くなると
疲労物質も身体の中にたまってしまいます。
意識していなくても、身体に老廃物や乳酸がたまることも……。


「何だか毎日疲れが取れない」と感じたら
血行を良くすることを考えてみてください。
疲れているからと言ってお風呂をシャワーだけにしたり
身体を全く動かさなかったりすると
逆に疲れが取れにくくなるので注意してみてください。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/02/14 12:13

太ももの前の筋力UPで基礎代謝を上げよう




身体を引き締めるのには

基礎代謝を上げることが重要です。

そしてもうひとつ忘れてはいけないのが、

筋肉のバランスです。


多くの人は、太ももの後ろ側の筋肉は鍛えていると思います。

ですが、前側の筋肉はどうなのでしょうか? 

今回は、太ももの前側を鍛えるスクワットの紹介です。


両脚を肩幅に開いて立った状態からスタートします。

そして、身体を後ろに倒しながらスクワットをします。

膝から肩までをまっすぐにするのがポイントです。


上半身が反りすぎたり、脚の付け根が曲がったりした

状態でスクワットをしては駄目です。


上半身の体幹を使い、バランスをしっかりととりましょう。

1回1回の動きをゆっくりと正確に行います。



身体が倒れそうになる場合は

重心の位置をしっかりと定め、

使っているももの前側の筋肉に

しっかり意して行ってください。


息を吐きながらゆっくりと身体を降ろします。

普通のスクワットでは膝が脚より前に出ないようにしますが、

このスクワットの場合は違います。


膝は90度まで曲げます。

膝を曲げきったら、息を吸いながら元の姿勢に戻ります。

胸が反っていると呼吸もしづらくなるので、

視線は前に向けたまま行ってください。


バランスがとりにくい人は、

イスや机の横で行うといいでしょう。


まずは10回×3セットから始めてみましょう。

身体を降ろすのに3秒、1秒静止して、

3秒かけて元の姿勢に戻します。


ゆっくり行えば行うほど、バランスが崩れやすくなります。

バランスを保つためには体幹、

ももの筋肉を使うことが重要になってきます。


太ももの筋肉は大きいので、

筋肉をつけることで基礎代謝アップにつながりやすいです。


太ももを鍛える場合には、前側と後ろ側の筋力バランスも大切です。

「身体の全ての筋肉を同じだけ鍛える」と

意識して行うのもいいでしょう。


最初は身体がぐらつくかもしれませんが、

自分なりに重心や力を入れる筋肉の位置を調整してみてください。

自分の弱い部分を知って、しっかり鍛えていきましょう。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/01/17 23:38
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。